L.B.E新着情報:コンピュータちょっと豆知識第2回:画面コピー

北九州で販売管理システムのご用命なら株式会社LBEへ電話 北九州で販売管理システムのご用命なら株式会社LBEへ

コンピュータちょっと豆知識第2回:画面コピー

共通

2011年5月21日(土)


■はじめに
コンピュータをご利用頂いている際「この画面をそのまま印刷しておきたい」「表示されている内容を別の方に伝えたいのに、すべて英語表記なので読めない」等の思いを持たれたことはないでしょうか。
今回はそういった状況のために表示されている画面をそのまま画像として保存、もしくはそのまま印刷するための方法をご紹介します。


コンピュータちょっと豆知識第2回:画面コピー
A)表示されている画面全てを対象にする→PrintScreen
今現在画面に表示している内容をそのまま画像として保存したい場合は、その状態でキーボードのPrintScreenを押します(図1)。
機種によってはPrtScと略されている場合(図2)や、ノートPC等ではFnキーと一緒に押す必要があるもの(図3)もあります。
画面全体を保存するため、画面下部のスタートボタンやタスクバー等も保存されます。


B)今使用しているウインドウのみを対象にする→Alt+PrintScreen
今使用しているウインドウのみを画像として保存したい場合は保存したい画面を前面に表示させ、Altキーを押したままPrintScreenを押します。
今使用しているウインドウのみを保存するため、全画面を保存した場合に少し文字が小さすぎる等の場合に便利です。


図1)PrintScreenと記載されていて、このキー単体で機能する例
画面

図2)PrtScと略されているものの、このキー単体で機能する例
画面

図3)PrtScと短縮されていて、さらにFnキーを押したままPrtScを押す必要がある例
画面

PrintScreenもしくはAlt+PrintScreenを押すことで、現状表示されている画面全体が画像として一時的に記憶され、WordやExcel、ワードパッドといった文書作成ソフトや、ペイント等の画像ソフトに張り付けることが可能な状態になります。
あとは、必要な場所に貼り付けを行うだけで、印刷や画像保存が可能になります。

■Windows7のデスクトップ画面をPrintScreenと貼り付けでWordに張り付けた例
画面

■本書執筆中のWord画面のみをAlt+PrintScreenでWordに張り付けた例
画面

こういった形で保存できればお使いのプリンタで印刷頂くことも、マイドキュメント内に保存しておくことも可能になり、必要な時に表示させることができます。

次回(第3回)はコンピュータを使う上で必要になるファイルの容量・サイズについてご説明致します。

≪BACK

システム・サービス
お客様相談室
関連会社

ホスティング・サイボウズ・ガルーンのことならファーストクリエイト
ホスティング・サイボウズ・ガルーンのことならLBE関連会社:ファーストクリエイト


サイボウズガルーン3:無料デモンストレーション

社内ポータルの決定版!!サイボウズのガルーン3

開発方針と実績

導入実績表

当社の品質マネジメントシステム(QMS)では顧客満足度向上のための様々な事項を取り決めし、運用しています。


FCクラブリンク
販売管理システムのLBEはFCクラブリンクに参加しています。


採用情報プライバシーポリシーサイトポリシー▲UP 株式会社L.B.E