L.B.E新着情報:コンピュータのちょっと豆知識 第7回:ネットワークについて

北九州で販売管理システムのご用命なら株式会社LBEへ電話 北九州で販売管理システムのご用命なら株式会社LBEへ

コンピュータのちょっと豆知識 第7回:ネットワークについて

共通

2011年10月27日(木)

〜ネットワークを繋げる際に必要な機器について〜

はじめに

前回、ネットワークを繋げるメリットとその種類について紹介致しました。

今回は実際にネットワークを繋げるための機器がどんなものか、その役割をご紹介します。


ネットワークケーブル


有線でネットワークを構築する場合、後述のHubとPCを繋ぐために必ず必要になるケーブルで、一般的にはLANケーブル(ランケーブル)と呼んでいます。

写真右下のコネクタの部分をネットワークケーブル差込口に差し込みます。

不意に抜ける事を防ぐためのツメが付いているので、正常に差し込まれた際には「カチッ」と音がします。


Hub(ハブ)


PCを含む多種多様な機器を前述のネットワークケーブルにて繋ぐことにより、各機器のネットワークを中継するための機器です。差込口分の数だけ機器を繋ぐことができ、写真にある5ポートの小型のものから32ポートの大型なものまで存在し、さらにHubとHubをネットワークケーブルにて繋げることもできます。

Lanボード


ネットワークケーブル差込口のないPCに差込口をつけるための機器です。

インターネットの普及により2000年以降のPCにはほとんどの機種にネットワークケーブル差込口が内蔵されているものの、1台で別々のネットワークに接続する必要がある場合等にこの機器で差込口を増設します。


無線Lanアクセスポイント(無線LAN親機)


無線でネットワークを繋げる場合に、PCや周辺機器からの電波を中継するための機器です。

有線LANとの共用、及び他機器との有線による接続のためにネットワークケーブルの差込口も付いています。

後述の無線LANカードとこのアクセスポイントの間でネットワークを繋げるための電波を送信するため、接続の際にはその間にできるだけ障害物のないような場所に設置する必要があります。

無線Lan子機


前述の無線LANアクセスポイントとPCを繋ぐための機器で、PCの形状及び装着状況により上図のように様々な形状の機器が販売されています。


ルータ


ネットワークとネットワークを繋げるため、もしくはネットワーク上の接続ルールを決めるための機器です。

社内のネットワーク全体をインターネットに接続して全端末でインターネット利用を行いたい場合や、離れた拠点間でネットワークを繋いでLANと同様に動作する環境をつくりたい場合に使用します。

最近は複数台での無線LANによるインターネット接続を想定した、ルータ機能内蔵の無線LANアクセスポイントも販売されています。

※第8回はネットワークについて−その3としまして、代表的な専用用語を簡単にご紹介いたします。

≪BACK

システム・サービス
お客様相談室
関連会社

ホスティング・サイボウズ・ガルーンのことならファーストクリエイト
ホスティング・サイボウズ・ガルーンのことならLBE関連会社:ファーストクリエイト


サイボウズガルーン3:無料デモンストレーション

社内ポータルの決定版!!サイボウズのガルーン3

開発方針と実績

導入実績表

当社の品質マネジメントシステム(QMS)では顧客満足度向上のための様々な事項を取り決めし、運用しています。


FCクラブリンク
販売管理システムのLBEはFCクラブリンクに参加しています。


採用情報プライバシーポリシーサイトポリシー▲UP 株式会社L.B.E