L.B.E新着情報:コンピュータのちょっと豆知識 第4回:いろいろな記憶媒体

北九州で販売管理システムのご用命なら株式会社LBEへ電話 北九州で販売管理システムのご用命なら株式会社LBEへ

コンピュータのちょっと豆知識 第4回:いろいろな記憶媒体

共通

2011年7月16日(土)

〜FD・MO・CD等〜

■はじめに
パソコンを使っていると、文書等のファイルを別のパソコンへ移したい場合や、重要なデータを不慮の事故から守るため、別の記憶媒体に保存したいことがあります。
今回から2度にわたり、それらについて代表的なものをご紹介していきます。


FD
写真
円形のフィルムに磁気を与えて情報を記憶させる媒体で、フロッピーディスクと呼んでいます。
安価で手軽に利用できるため、少し前までは非常によく使われていましたが、一般的な容量が1.44MBで現在必要とされている容量に対して小さい事、磁場や衝撃に非常に脆い事から、今日では利用できるコンピュータの方が少なくなり、供給もあまりされなくなってきています。


MO
写真
一般的にはそのままエムオーと呼んでいます。
先程のFDとほぼ大きさは同じですが、ディスクの構造及び記録方式から非常に耐久性に優れ、フロッピーの数百倍(230MB・640MB・1.3GB)の容量を保存できる上にPC内部にある記憶装置と同様に手軽に利用できるという大きなメリットがあります。
上記内容から重要なデータのバックアップ用として定評があるものの、他の安価な大容量媒体の台頭から、今では供給も先細りになりつつあります。


CD-R
写真
レーザー光線で色素を変化させ、音楽CDと同じ形式の情報を記録できるようにした媒体です。
通常の音楽CDには書き込みはできませんが、専用ソフトを使用することによりCD-Rには書き込みが出来、CD-RWには1000回程度の制限があるものの内容の消去と再書き込みもできます。
容量は通常の12cmCD-RもしくはCD-RWで650MBもしくは700MBです。
通常の音楽CDとCD-Rは次のように裏面で判別がつきます。次の写真は市販されている音楽CDです。
写真
CD-Rは次の写真のように記録面が緑色をしているのが一般的です。
写真

DVD-R
写真
DVDは大容量の記録を目指した媒体で、映像分野で一般的に知られ、高密度に情報を書き込むことが出来、通常の1層書込だけでも4.7GBとCDよりはるかに大容量ですが、2層書込・両面書込できる媒体もあり、さらに大容量を書き込みできます。
CD同様に、DVDにもDVD-R・DVD-RWが存在し、同様の性質を持ちます。
DVD-Rは上の写真で見るように、表面上はCD-Rとほとんど変わりませんが、下の写真で見るように、
裏面は紫色をしているのが一般的です。
写真

※次回(第5回)は記憶媒体の続きとして、ディスク以外の媒体である
USBメモリやSDカードをご紹介します。

≪BACK

システム・サービス
お客様相談室
関連会社

ホスティング・サイボウズ・ガルーンのことならファーストクリエイト
ホスティング・サイボウズ・ガルーンのことならLBE関連会社:ファーストクリエイト


サイボウズガルーン3:無料デモンストレーション

社内ポータルの決定版!!サイボウズのガルーン3

開発方針と実績

導入実績表

当社の品質マネジメントシステム(QMS)では顧客満足度向上のための様々な事項を取り決めし、運用しています。


FCクラブリンク
販売管理システムのLBEはFCクラブリンクに参加しています。


採用情報プライバシーポリシーサイトポリシー▲UP 株式会社L.B.E